2008年04月09日

4.罪業 - 吉井らおり

罪業パッケージ

楽曲紹介コメント

罪深いあたしは、天使と一緒に天国になんかいけるのかいなぁ〜('A`)詞はイッチャってますが、メロディは周囲に評判良いので聴いて見て下さいー


NEXTMUSIC AWARDS 2008 1st Act 審査員コメント

文学的な歌詞ですね。「罪業」ってあんまり聞いたことのない言葉でした。文学って罪を認識するところから発想されるものも多いですよね。宗教的なこともあるかな。そんな歌詞の世界観を割合ポップな感覚で歌っているので、あんまりドロドロした感じにはなっていません。同じ歌詞でもメロディーや歌い方、アレンジで一気に暗く重いものになりそうですが、この明るさが“吉井らおり”の持ち味なんでしょうね。
(斉藤テツ様 NEXTMUSIC Japan)


罪業(ざいごう)  SONG&LYRICS:吉井らおり



あたしの罪 あなたの罪
償いましょう このイノチひとつで

こうなる流れ こうなる運命
報われざる この花の行方

 快楽のその先は 絶望の夜空 血の赤が恋しい

 紫の帷(とばり)が降りたら
 天使と一緒に 夜の空へ
 サイレンは祝福の音色
 天国へいざなう 鐘の響き


あたしの涙 あなたの涙
ぬぐいきれない この手のひらでは

光には影 幸には不幸
許されない つぼみが開くこと

 欲情のその先は 空虚な景色 血の黒が恋しい

 紫のいつものblousonで
 天使と一緒に 冬の海へ
 イノチの水遊び 楽しそうね
 天国へいざなう 波の飛沫(しぶき)


 罪業のその先は 深海の暗闇 あなたが恋しい

Copyright(C)吉井らおり All Rights Reserved.



posted by 吉井らおり at 00:00| オリジナル楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

3.あたしぴえろ - 吉井らおり

2008年4月25日REMIXをUPしました。(原版はもうありません(^^ゞ)

あたしぴえろパッケージ

楽曲紹介コメント

超不思議メロディになっちゃいました(^^ゞひとって社会生活する上で、仮面をつけてなきゃいけないものですよね。素顔の自分…どこで見せたらいいんだろう。なんて思うとき。自分ってピエロだと思いませんか?


あたしぴえろ  SONG&LYRICS:吉井らおり



あたしピエロ 愉快なピエロ
今日も 喜劇を 皆様に お届け

どこで泣けばいいの
どこで仮面を外せるの

醜い素顔を隠さなきゃ
誰も愛してはくれないの?
ひきちぎられるような この痛み
あなたになら わかるでしょう?


あたしピエロ 哀れなピエロ
さあ 拍手喝采を 頂戴

何を泣いているの
ほんとのあたし どこ行ったの?

いつも涙ぬぐってくれたひとも
今は観客のひとり
ひきさかれるような この痛み
あなたになら わかるでしょう?



あたしピエロ あなたもピエロ
舞台裏で 一緒に 泣きましょう

Copyright(C)吉井らおり All Rights Reserved.



posted by 吉井らおり at 02:00| オリジナル楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2.repetition - 吉井らおり

repetitionパッケージ

楽曲紹介コメント

repetition=繰り返し。生きる意味…ずっと探しているけど、一生見つからないのかもしれない。意義も意味も価値もないのかもしれない。でも、確かにあたしは今『生きている』。弾き語り形式のダークな曲です。


repetition  SONG&LYRICS:吉井らおり



朽ちる 枯れる 腐り落ちる
美しかった花は 黒ずんで

流れゆく時間 翳りゆく生命


意義も 意味も 価値も 無い
問いは虚しく 風に消ゆ

終わりゆく生命 崩れゆく世界

でも確かに 葉は青く茂った
血のように赤い花は 凛と咲いた
土くれになろうとも その種を残した
その繰り返しが 『生きる』ということ


生まれ 育ち 老い 果てる
こたえのない果てしない旅

堕ちてゆく太陽 崩れゆく世界

でも確かに皆そこに在った
赤く美しい血は 身体をめぐった
土くれになろうとも 次の花を咲かせた
その繰り返しが 『生きる』っていうこと

Copyright(C)吉井らおり All Rights Reserved.



posted by 吉井らおり at 01:00| オリジナル楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1.食虫植物 - 吉井らおり

食虫植物 - 吉井らおり(パッケージ)

楽曲紹介コメント

かなりエロいです。 あなた=honeybee(ミツバチ)あたし=食虫植物。 あなたhoneybee あたしの栄養になるのもう巣には帰さない。


NEXTMUSIC AWARDS 2008 1st Act 審査員コメント

セクシーさとキュートさのせめぎあい、妖艶と可憐の覇権争いといった感じで、歌の内容に反して歌声やかもし出す雰囲気は、愛らしく無垢なものがあります。そこが独特の個性を生んでいるとも言えます。バックトラックの持て行き方で、アコースティックなフォークよりのシンガーなのか、バンドよりのロックなのか、より強烈な方向性が決まるように思います。でも現時点で見える「少女の悪戯」的な危ない魅力はgoodですね。(斉藤テツ様 NEXTMUSIC Japan)



食虫植物  SONG&LYRICS:吉井らおり



赤く開いた薔薇のよう
馨しい香りを嗅いでみて
花びらを一枚一枚めくって
雌蕊(めしべ)に息を吹きかけて

あなたHoneybee あたしの栄養になるの

可愛いHoneybee 刺して頂戴
優しいHoneybee 溶かしてあげる
新しい世界を見せてあげる
愛するHoneybee もう離さない


心も身体も溶け出して
淫靡な羽音が弱まって
その針で抵抗しても
ほら もう 飛べは しない

あなたHoneybee あたしの一部になるの

可愛いHoneybee 飲み込んじゃうよ
優しいHoneybee まざりあうの
他の花はもう 見えないでしょう?
愛するHoneybee もうあたしのもの


あなたHoneybee もう巣には かえさない


Copyright(C)吉井らおり All Rights Reserved.



posted by 吉井らおり at 00:00| オリジナル楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。